1918年 - 1950年

1918

岐阜県瑞浪市に設立

前身である瑞浪耐火煉瓦合資会社を継承し、美濃窯業株式会社を設立
耐火煉瓦および耐酸煉瓦の製造を始める(本社:岐阜県土岐郡瑞浪村)

1919

陶磁器製造を開始

手打成形など、陶磁器製造を開始

1928

創立10周年記念

合資会社三和窯業商会内に東京出張所を開設

1937

亀崎工場を愛知県半田市に新設

1942

4工場体制

中央珪石煉瓦株式会社を合併し、四日市工場と四国(鳴門)工場を加え4工場体制となる

1946

名古屋出張所(旧名古屋営業所)を開設

1948

現在の3工場体制へ

四国(鳴門)工場を同市中学校新設のため譲渡し、現在の3工場体制となる

1949

名古屋証券取引所に上場

1951年 - 1980年

1953

美州興産株式会社を設立

1958

築炉部(後のプラント部)を設置

築炉部門を新設し、窯炉の設計施工を開始

1960

美濃窯業製陶株式会を設立

陶磁器製造部門を分離し、美濃窯業製陶株式会を設立

1966

日本セラミツクエンジニヤリング株式会社を設立

プラントの海外輸出のための専門子会社として設立

1970

合弁会社G.S.CERAMICS CO.,LTD.を設立

東大研究室閉鎖に伴い、技術研究所を亀崎に設置
タイにおいて、合弁会社G.SCERAMICS CO.,LTD. を設立

1975

西独Didier-Werke AGと技術提携

西独Didier-Werke AGとロータリーキルンの煉瓦施工装置について技術提携

1976

スピネル系耐火物「MIC」を開発

1977

合弁会社REFRACTORIES CORPORATION OF THE PHILIPPINESを設立

米国North American Refractories Companyと技術提携(クロスライセンス)

1981年 - 2010年

1982

ニューセラミックス研究部門の設備充実と研究開始

1986

亀崎モノリスエンジニアリング部を設置

1988

スーペリオキルンの完成

1991

資本金8億7700万円に増資

メキシコ Refractarios Mexicanos S.a. de C.v.に塩基性耐火物の技術供与

1995

瑞浪本社事務所、プラント組立工場の新築

イランPars Refractories Co.へ塩基性耐火煉瓦プラントならびに製造技術輸出

1998

第53回日本セラミックス協会賞(功労賞)を受賞

「セメント・石灰用耐火物の技術開発と産業界及び国際協力への貢献」にて第53回日本セラミックス協会賞(功労賞)を受賞

ミャンマーに塩基性煉瓦の製造技術輸出

2001

「クロムフリーれんが」が技術賞を受賞

【受賞案件】セメントロータリーキルン用クロムフリー塩基性耐火物の実用化
【趣旨】セラミックスの科学・技術に関し、製品の開発や工業化等に特に顕著な業績のあった者
【主催】(公社)日本セラミックス協会

2002

品質マネジメントシステムIS09001の認証取得

2006

「元気なモノ作り中小企業300社」に選定

【趣旨】全国各地で活躍する、独自の高い技術を持つ中小企業300社を選定
【選定基準】技術力の高さ、技術が国民生活・経済活動に与える影響の大きさ、国際貢献度
【主催】経済産業省中小企業庁

中部科学技術センターより「奨励賞」を受賞

【受賞案件】大型ファインセラミックス焼成用ガス燃焼高温シャトルキルンの開発
【趣旨】中部地域に事業所があって優れた研究開発を行い、産業の発展に顕著な業績をあげた研究者、技術者等を表彰する
【主催】財団法人 中部科学技術センター

2007

経済産業省の「ものづくり日本大賞」の優秀賞を受賞

【受賞案件】大型ファインセラミックス焼成用ガス燃焼高温シャトルキルンの開発
【趣旨】我が国の産業・文化の発展に貢献し、豊かな国民生活を支えてきたものづくりを継承・発展させていく人材個人やグループを総理大臣が表彰
【主催】経済産業省、文部科学省、厚生労働省、国土交通省

2011年 - 現在

2014

美濃窯業製陶株式会社およびモノリス株式会社を吸収合併

瑞浪工場の角型煙突が国の「登録有形文化財(建造物)」に登録

【趣旨】近年の国土開発や都市計画の進展,生活様式の変化等により,社会的評価を受けるまもなく消滅の危機に晒されている多種多様かつ大量の近代等の文化財建造物を後世に幅広く継承していくために作られたものです。届出制と指導・助言等を基本とする緩やかな保護措置を講じるもので,従来の指定制度(重要なものを厳選し,許可制等の強い規制と手厚い保護を行うもの)を補完するもの
【主催】文部科学省

2015

日本セラミツクエンジニヤリング株式会社を連結子会社化

高温用高効率熱交換器を開発

2017

経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定

【趣旨】「地域未来牽引企業」とは、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開する企業、または今後取組ことが期待される企業
【主催】経済産業省

2018

創立100周年を迎える

美州興産株式会社を完全子会社化

「炭化ホウ素製高性能スピーカー用振動板」が技術賞を受賞

【受賞案件】常圧焼結炭化ホウ素による高性能スピーカー振動板の実用化
【製品】Diaphragm:ダイアフラム(振動板)
【趣旨】セラミックスの科学・技術に関し、製品の開発や工業化等に特に顕著な業績のあったもの
【主催】(公社)日本セラミックス協会

日本高圧力学会より「功労賞」を受賞

【受賞案件】高圧発生装置向け高品位正八面体圧力媒体の長期安定供給
【製品】正八面体圧力媒体
【趣旨】高圧力研究における技術の進歩・発展に著しく貢献したもの
【主催】日本高圧力学会

2019

C.I.を変更

創立100周年を機にC.Iを変更

2021

文部科学大臣表彰「創意工夫功労者賞」を受賞

【受賞案件】選別工程の前段取りの改善
【趣旨】優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献した者を表彰するもの
【主催】文部科学省

岩佐機械工業株式会社を完全子会社化